質問の回答その⑧/学校事務職員は学校以外の方たちと関わる時に気をつけることは?

今回もコメントにて質問をいただいたのでこちらで回答させていただきます。

(いい加減ネタを書け)

歯磨き大好き さんより

私は4月から小学校で事務職員として働きます。一人配置で離島での勤務ということもあり、
不安もありましたが、ブログを読んで、少し緊張がほぐれたような気がします。
質問させていただきます。学校事務は多くの方と関わる仕事ですが、学校以外の方(保護者や地域の住民)と関わるときに気を付けていることはありますか?地域の行事にも積極的に参加してほしいと教育委員会に言われており、私自身も役立てるのであれば、お手伝いしていきたいと思っており、質問させていただきました。

歯磨き大好きさんご質問ありがとうございます。

今回の質問の要点は以下のとおりですね。

  • 学校以外の方たちと関わるときに気をつけていること

学校事務職員は学校以外の方たちと関わる時に気をつけることは?

歯磨き大好きさん、この度は学校事務職員の採用おめでとうございます。

1年目から1人配置の離島とはなかなかヘビーな1年目になりそうですね。

私自身、離島での勤務をしたことがないのですが、経験者から話を聞くと

離島は一つの社会になっているので学校と地域との関わりが他の地域に比べて多くとても重要だそうです。

地域の行事にも参加しなければいけないこともあるそうで、半分学校事務職員を超えたお仕事をすることになるかと思われます。

 

その時に気をつけることですが、最初は言われたことを素直にやっていればいいかと思います。

学校事務職員として働いているのに、地域の行事に参加させられたり

これが学校事務職員の仕事なの?

なんて思ったりするかもしれませんが、そんな場合でも心を無にして素直に言うことを聞いてニコニコ笑顔で業務にあたってみてください。

自分、公務員なんでそういうのやらないッス!

なんて下手に横柄な態度で逆らっていると…後々あまりよろしくないことになるかと思われます(勝手な想像ですが)

地域あっての学校なので最初は無心になってがんばりましょう。

 

慣れてきたら何かと意見を出せるようにはなるかと思いますが、慣れる頃には異動になるかもしれません。

 

余談ですが、離島はほとんどが児童生徒数が少ないこともあり教員の数も少ないことが多いです。

学校事務職員の忙しさは児童生徒数と教員の数に比例しますので、離島の場合学校事務職員としての仕事量は他の地域の学校に比べて格段に少ないと思ってください。

 

たとえば4月はじめは異動や新規採用された職員の通勤手当やらの手当認定がとても多いです。

特に大規模校になると10~20人くらいの認定を一気に行わなければならず、年度途中でも職員の状況の変化によって手当を支給したり切ったり、誰かが休んだら補充を任用する書類を作ったりと目まぐるしく次から次に仕事が舞い込んできます。

いっぽう離島のような職員数が少ない学校になるとそういった変化があまり起こらないので一年を通して比較的穏やかに仕事ができるかと思います。

 

上記のように離島はメリットデメリットがありますが、私の周りでは離島の学校を経験した人たちは当時のことを楽しそうに話す方ばかりなのでよい経験だと思って1年目を楽しんでみてください。

コメント

  1. 歯磨き大好き より:

    質問に答えていただきありがとうございました。

    おっしゃられていますように、離島だからこそ経験できることがあると思うので、離島での、

    時間を大切に過ごしていきたいです。

    今後もブログを読ませていただきます。