学校事務職員は教職員割引でMacBookやiPadやiPhoneは購入できるの?

みなさんはMacBookやiPadをご存知でしょうか?

スタバでよくノートパソコンを開いてドヤ顔している人が使っているのがMacBookです。

そんな社会人あこがれのApple製品ですが教職員割引という購入方法があります。

今回はそんな教職員割引が学校事務職員でも受けられるのか紹介します。

Appleの教職員割引とは

ざっくりいうと学校の教職員はApple製品を安く購入できるよ

という割引制度です。

Apple学生・教職員向けストア

一例としてMacBookは通常価格が115,280円(税込)に対し

教職員割引では103,180円(税込)で購入できます。

その差は12,100円と基本的に値下げがされないApple製品がこんなにお得に買えちゃいます。

iPad Proは一般販売価格94,800円(税込)

教職員割引では88,800円(税込)

その差は6,000円とMacBookほどの割引はないにしろこちらもかなりお得に購入できます。

教職員割引の対象は?学校事務職員は対象?

Appleの教職員割引の対象は下記ページに表記されています。

販売条件

しっかりと小・中・高・大学・専門学校の教職員と表記されています。

教職員というのは学校事務職員も含めた呼び方なので学校事務職員も対象というわけです。

近年は学校事務職員もICT機器を使って教員のサポートをすることもあるので学校事務職員だけ割引を受けられないということはありません。

購入方法

購入方法はいたって簡単です。

下記の教職員向けストアから該当商品を購入するだけです。

Apple学生・教職員向けストア

私もiPadを購入したことがありますが特に教職員であることの証明は求められずに購入できました。

ただ、その後証明を求められる可能性はあるということなので教職員以外の人は購入しないようにご注意ください。

教職員である証明はおそらくですが公立学校教職員共済組合の組合員証(保険証)で証明できるかと思います。万が一それではダメだと言われたら毎年4月に作成する学校経営案の職員一覧表を送ってあげましょう。

一部割引対象外商品もある

MacBookやiPadが安くなるならiPhoneも安くなるの?

と思うかもしれませんが、さすがにiPhoneの割引はありません。

あくまで教育目的に使ってくれという趣旨の割引なのでiPhoneは割引してくれないようです。

またApple Pencilなどのアクセサリーも一部割引対象外です。

購入回数制限もある

さすがに割引販売しているので何度も購入は不可能のようです。

  • デスクトップ:1年間に1台まで
  • Mac mini:1年間に1台まで
  • ノートブック:1年間に1台まで
  • iPad:1年間に2台まで
  • アクセサリ:学生・教職員価格のアクセサリは1年間に2つまで

という購入制限が設けられています。

iPadが1年に2台も買えるというのは仕事用と自宅用に分けるためでしょうか。

Apple以外でも教職員割引は受けられる

有名所でいうとMicrosoftも同様のサービスを実施しています。

SurfaceのノートパソコンやOfficeソフトなども割引価格で購入することが可能です。

学校事務職員もICT教育に参加している

近年タブレットを使用した授業が取り入れられつつあります。

学校事務職員には関係のない話・・・と思いきや案外、教室でのタブレットのトラブルに呼ばれたり、ICTに詳しくない教員に操作方法を教えたりと色々な場面で学校事務職員が関わってきています。

そんなに詳しくないんだけど…

と思っている人も現場ではなぜか事務職員がトラブルの対応に当たることが多く自然と知識がそれなりについてくるのでご安心ください。

最後に今回ご紹介した教職員割引で購入した商品は転売厳禁です!

Apple様やMicrosoft様を敵に回すようなことはくれぐれもしないようにしてください。

コメント